まろんに捧げるランなのです


港の側に住むぷりまろ家
内陸に引っ越したいけど
今となっては転売も難しい
公園の中には津波避難タワーがある。
去年の暮に
隣の畑を「どうですか?」ってお話を
頂いた時はお断りさせてもらったけど
まろんに
何かしてあげたい・・・って思いが沸々と。
そうだ!まろんのドックランを作ろう!
来客用の駐車スペースもない狭い家に住んでる事もあり
譲ってもらうことにしたんだよね。
ランを作って環境が整ったら
まろんの弟くんか妹ちゃんを迎える予定だったけど
お里のママが背中を押してくれて
くりむを迎える方が先になりました。
現実、ここで遊ぶのはくりむだけど
これから作る小さなランは
まろんに捧げるランなのです。
完成したら
まろんの供血犬となってくれた
ノエルちゃんにテープカットを頼んで
お世話になりっぱなしの
ボスくんにまろんの大好きな白いボールで
始球式をお願いしたいな~
と、夢は広がります。
5月の誕生月にまろんちゃん祭りをしたいと思ってましたが
整地が遅れたので、ちょっと先になりそう。

e0293553_1851292.jpg



外から見て
くりむと忙しい日々を送ってるように見える
私のようですが
まろんを一日も忘れたことなどないし
今はもっと、もっと、近くに感じている
決して忘れてなど・・・



[PR]
by marron526 | 2015-04-27 18:50 | ■ 日々の暮らし

365日がくりぼっちゃん。


by marron526