強く生き抜いて

まろんは私達に眠る時間をくれた
5:00にパパが目を覚ますと
まろんは目をキョロキョロしてパパと私の方を見ていた
一晩中起きてたんだねってパパはまろんの頭を撫でた
6:00頃から息が荒くなり
吐こうとしたけどそれをグッとこらえた
その強さは一体どこから来てるのだろうか?
体の向きを自分で変えると
とても、とても、いいうんちが出た
息がだんだん早くなって
溜まってたおしっこも出た
まろんは体でお別れを言ってる
パパと二人でまろんを撫でて、撫でて、撫でて
まろんありがとう
まろん大好きだよ
まろん愛してるって何度も何度も伝えた
11月9日 7:17 まろんはシッポを高く上げ大きな伸びをし
パパ、ママありがとうって言ってるように永遠の眠りについた
大きな苦しみも見せず最後まで強かったまろん
私が望んだ短く穏やかな別れをしてくれた。
e0293553_191565.jpg

昨日、連れ出さなければ
まろんは今も生きてたかもしれない
でも、後悔はしていない
パパと二人で看取ることができたから
そして、先生にまろんの強さを知ってもらえたから
最後までサポートしていただいた
院長とスタッフの皆さんありがとうございました
術後3ヶ月、まろん見事に生き抜きました。
e0293553_191650.jpg

朝、病院に行きまろんの処置をしてもらい
柩に入れてもらったまろんを乗せて
パパが、どこかドライブに行こうか?って私に言った
いつもお散歩してた瀬戸川とか行く?
違う、もっと遠くへドライブ行ってみない?陽だまりとか
雨だからお客さんいないかもしれないし・・・
パパの気持ちに応えてくれたかのように
陽だまりは無人だった。
まろんに大好きな陽だまりさんの景色を
ゆっくり見せてあげることができた。
e0293553_191776.jpg

私達は上の方まで行き
「ありがと~陽だまり~。まろん、楽しかったよ~ありがと~。」って
手を振ってお礼を言いまろんの待つ車に向かった
パパは陽だまりの脇に生えてる草と落ちた紅葉を拾い
私は、まろんの足の毛を少し切り
風に乗せさよならを告げた。
e0293553_191729.jpg

こうして、まろんは血管肉腫と闘いながら
強く、強く、強く、生き抜いて
多くの方の愛を受け8年5ヶ月の生涯を閉じた。
[PR]
by marron526 | 2014-11-10 05:56 | ■ 日々の暮らし

365日がくりぼっちゃん。


by marron526